音楽と生命保険について考える

ipod

私は、よく車を運転することが多いのでいつもiPodで音楽を聴いています。聴くジャンルは日本のPOP音楽がほとんどですが、たまには洋楽を聴いたりする程度です。最近は、昔ほど最新の曲を聴くことはなくなってしまいました。

テレビやラジオで流れていていいなと思う曲は、思わず聴いてしまいますがそれ以外では、特にiPodに収録したりするようなことは今では昔ほどしていません。

だから今のiPodに収録されているのは、昔の曲が殆どで最近の新曲のようなものは、収録されておらず大半が聴いていて懐かしさが感じられる曲ばかりになっています。


最近、そのiPodで音楽を聴いているとその曲が実際にテレビ等で放送されていた頃のことや当時、その頃に自分がしていたことや当時の思い出が蘇ることが度々あります。

若い頃は、こんなことは無かったのですが最近は、昔の曲を聴くと何故か思い出しています。私自身は、三十代後半の人間なので老人というわけではありませんが、昔の曲を聴くと最近ではよく当時の出来事を思い出します。


音楽には、ジャンルを問わずその人が好きだった曲を振り返って聴いたとき、その人の当時の記憶を蘇らす効果があると思います。これは、凄いことだと私は思っています。

好きだった曲が記憶の目印みたいな役割をしているからです。大げさかもしれませんが音楽って人間にとっては、必要なものではないでしょうか。

個人的にもう一つ必要なものとして、「生命保険」が挙げられます。resutaurantという自営業者の宿命と申しますか、保証が何もない身の上、万が一何かあった時のために家族を守る手段としてはやはり保険に入っておかないとなと思っています。

ただ保険って知識が無いだけに何をどう捉えたら良いのかわかりません。いろいろ調べてみたところ、結構辛口な意見が書いてある生命保険のサイトがあり、とても参考になりました。

自分の身は自分で守って行きたいですね。

 


投稿日: カテゴリー diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA